クレームって難しい・・・

クレームにも目的意識を

あなたはクレームってしたことがありますか?

 

私は普段どちらかというと、面倒だしクレームをつけて変人扱いされくらいなら

 

余計なことはいうまい・・・・と泣き寝入りしてしまいます。

 

クレーム慣れしていなくて、クレームをつけるのがヘタなため

 

クレームを言ったら言ったで店員さんに言い負かされたり、

 

なんだかんだで自分がモヤモヤしたり悔しい想いをしてしまった経験があります。

 

きっと、言いたいことは正直あるのだけれどクレームを言うのがニガテでいつも我慢してしまう・・・

 

というひとも少なくないのではないでしょうか??

 

しかし、そういうひとは自分の意識を見なおすべきなのかもしれません。

 

クレームを言いたくなった時、自分の目的をよく考えるようにしましょう。

 

どうすればじぶんが一番満足いく結果になるのかを考えるのです。

 

泣き寝入りするのと、クレームで言いたいことだけはちゃんと相手に伝える・・・

 

他にも選択肢があるのかもしれませんが、一体どうすればあなたが嫌な思いをせずにすむのでしょう。

 

優しい人はきっと、クレームを言われる側の立場なども考えてしまうのかもしれません。

 

しかし、あなたが一番大事にしなくちゃいけないのは自分自身だということを忘れてはいけません。