相手が何を望んでいるかを常に考える

絶妙な時間を心がけるサービス

同じ料理人が作ったものでも、それを運ぶタイミングを間違えると、味がとんでもなく変わってきます。

 

例えば、スパゲッティの固さが良い例で、時間がたつと当然のことながら、麺が固くなっていきます。

 

相手が何を望んでいるか分るウエイターであれば、料理が出来た瞬間にお客様のところに運んできます。

 

なので、いつも口にするときには一番最高の美味しい状態で食べられるという訳です。

 

つまり、単に料理を運ぶだけではなくて、料理人の真心を熱いうちにそのまま客に伝えるということで、そうすることでウエイターの心も客に伝わります。

 

常に四方に目を配って、客の要求を感じ取り、おいしい料理を食べてもらおうという姿勢を持ち続けていくことが大切ですね。